海外で開発されたバルトレックスは稀に軟便になる

口唇ヘルペスや性器ヘルペスに感染したときには、イギリスの医薬品メーカーが開発したバルトレックスが有効です。
この医薬品メーカーはポリデントやコンタックなども開発しており、豊富な実績のある企業となります。
バルトレックスは成分として塩酸バラシクロビルが配合されており、人間が体内に取り入れるとヘルペスなどの原因となっているウイルスを攻撃する効果があります。
単純疱疹であるヘルペスや水ぼうそう、帯状疱疹を発症しているときの症状の軽減や抑制、再発の防止のために用いられる医薬品です。
ヘルペスの場合には発症してから5日以内にバルトレックスを服用することで、ウイルスが増殖することを抑制できます。
服用方法は簡単で、1日に決められた量の錠剤を水と一緒に飲むだけで良い薬です。
ヘルペスを発症しているときには、朝と夜に1錠ずつ服用します。
バルトレックスはヘルペスウイルスがDNAを複製して増殖することを、阻害できる効果があるために、DNAポリメラーゼ阻害薬とも呼ばれます。
吸収率が高くて副作用が起きにくい医薬品として知られていますが、稀に頭痛や眠気、胃痛症状として下痢や軟便が現れることがあります。
服用してから、添加物の一部が溶けることなく便として出てくることも考えられますが、気になるときには医療機関を受診して医者に相談してみると良いでしょう。
性病の1として性行為によって性器ヘルペスに感染することもあり、その場合にも早めに対応することが賢明です。
性器やその周辺に水ぶくれのようなものが現れているときには、泌尿器科や婦人科を受診することでバルトレックスを処方してくれます。
軟便などの症状が出たときでも、ひどい状態でなければ問題なく服用を継続することができます。